ふくい科学学園 NPO法人 Fukui Science Education Academy

事業報告

平成28年度事業報告

平成27年度事業報告

平成26年度事業報告

平成25年度事業報告

平成24年度事業報告

平成23年度事業報告

平成22年度事業報告

平成21年度事業報告

コンテスト

 写真コンテスト

 高校生グループコンテスト

講演会

 H24.11.10講演会

 H25.11.16 講演会

写真教室

今までに受けた助成金

今までに掲載された新聞記事等


講演会


講演会
「昭和の科学映像と現代的活用」

<講演会: 「昭和の科学映像と現代的活用」開催の趣旨>

第2次世界大戦後、日本の復興と科学技術振興のために多くの優れた科学短編映画が国の研究機関や民間
会社で製作され、学校や地域公民館などで行われる映画会の中で利用されました。それらの映像フイルムをデタ
ルデータで保存し、インターネットで無料配信している団体があります(NPO科学映像館を支える会)。

ふくい科学学園では数年前より、この団体から映像の提供を受け、アオッサ実験教室や夏の合宿、また公民館
の世代間交流事業に利用しています。25年度は、NPO科学映像館を支える会とNPOふくい科学学園との共同
で日本郵便年賀寄付金の助成事業(「理科教育推進のための科学教育映画収集・活用ならびに関連する理
科実験実施の支援事業」)をおこなっており、その事業プログラムの1つとして上記タイトルの講演会を開催すること
になりました。昭和時代に製作された素晴らしい映像遺産を現代的に活用していくことは大変意義のあることと考
えます。

講演会では,最初、映画史の専門の先生に基調講演をしていただき、次に、ふくい科学学園が実施してきました
昭和の科学映画を利用した世代間交流事業を紹介させていただきます。その後、古い映像をよみがえらせる専
技術会社で有名な東京光音社より技術的なお話をしていただき、最後にNPO科学映像館を支える会理事長の
久米川先生から、戦後世界的に有名であった科学映画監督小林米作の偉業と、小林米作を記念した科学映
像館の設立、および現在の科学映像館の活動状況などに関してお話していただきます。

久米川先生は骨代謝研究の専門家であり、1977年に小林米作と出会い、15年間小林米作と一緒に骨に
する優れた世界的な映画を製作されました。NPO科学映像館は2007年からネット上で映像の無料配信を行っ
ています。現在660本の映像を有しており、これまで延べ250万回映像がネットで再生され、様々な分野で活
用されています。その実績から科学映像館は日本で唯一の映像アーカイブと評価されています。

講演会の中では、実際に昭和時代の科学映画を映写します。また、ネットで映像を見る方法や活用法に関して
も説明いたします。皆様には、是非この講演会にご参加いただき、日本の貴重な映像遺産の価値をご理解いた
き、その活用にご協力いただきますようお願い申し上げます。


日 時   :2014年11月16日(土)


会 場   :アオッサ7階706・707室


プログラム


 1) 「映画史から見た日本の科学映画」   冨田 美香  (立命館大学映像学部 教授)


 2) 「科学映画を用いる世代間交流事業」 香川 喜一郎 (NPO法人ふくい科学学園 理事長      
                                      福井大学名誉教授)


 3) 「よりよい映像を残すために」        松本 一正  (東京光音所長)

 

 4) 「科学映像館設立の想い〜映像遺産を守り・生かすために〜」 

                           久米川 正好 (NPO法人科学映像館を支える会理事長

                                     明海大学名誉教授)


 5) 質疑応答・懇親会