ふくい科学学園 NPO法人 Fukui Science Education Academy

事業報告

平成30年度事業報告

平成29年度事業報告

平成28年度事業報告

平成27年度事業報告

平成26年度事業報告

平成25年度事業報告

平成24年度事業報告

平成23年度事業報告

平成22年度事業報告

平成21年度事業報告

コンテスト

 写真コンテスト

 高校生グループコンテスト

講演会

 H24.11.10講演会

 H25.11.16 講演会

写真教室

今までに受けた助成金

今までに掲載された新聞記事等


事業報告


平成23年度事業報告
1.科学実験教室

  対象:小学校高学年(4,5,6年生)

  開催場所:アオッサ7階、または6階

  開催日時:月2回、9:30〜12:0

第 1回: 4月 9日(土):「いろいろなエネルギーとエネルギー保存の法則」(担当:香川・栗原)

第 2回: 5月14日(土):「てこと回転運動」(担当:香川・栗原)


第 3回: 5月28日(土):「身体運動を科学するU(担当:吉澤9

第 4回: 6月11日(土):「偏光で色づくプラスチック」(担当:香川・栗原)

第 5回: 6月25日(土):「3原色の不思議」(担当:香川・栗原)

第 6回: 7月 9日(土):「使い捨てカメラレンズで顕微鏡を作ろう」  (担当:香川・栗原)

第 7回: 9月17日(土):「摩擦のない斜面の運動」(担当:香川・栗 原)

第 8回:10月 1日(土):「色が変わる不思議な水」(担当:高木・香川)

第 9回:10月15日(土):「炭酸飲料の不思議」(担当:葛生)

第10回:11月 5日(土):「ティシュの空き箱で作る見るカメラ」(担当: 香川・栗原) 

第11回:11月19日(土):「電気を起こそう」(担当:月僧) 

第12回:12月 3日(土):「光のインテリア」(担当:香川・栗原)

第13回:12月17日(土):「電気で元気!!小さなあばれんぼう」(担当:葛生)

第14回: 1月 7日(土):「電磁波と光の実験」(担当:谷)

第15回: 1月21日(土):「人工霜と人工雪の結晶観察」(担当:香川・栗原)

第16回: 2月 4日(土):「霧にすると電気を持つ不思議な水」(担当:香川・栗原)   

第17回: 2月18日(土):「磁石とゆっくり回るモーター」(担当:香川・栗原)  

第18回: 3月 3日(土):「公開発表会の準備」  

第19回: 3月10日(土):「公開発表会」  

(注意:台風で9月の1回目がぬけました)

2.合宿

月16日(土)、17日(日):

合宿 (奥越高原青少年自然の家)、児童37名、父兄10名参加、スタッフ12名(学生:8名)

(ふくい市民活動基金助成金応募:28万円の補助)

3.それ以外の活動

<海外教育支援>

23年8月10日:韓国全州市、全北大学において理科研修会を共催で開催

:00〜16:00、全州市中学理科教員20名参加

8月11日:韓国全州市、全北大学において、実験教室を共催で開催

9:00〜16:00、全州市理科タレント中学生20名参加

8月12日:韓国全州市、全北大学において、実験教室を共催で開催

  9:00〜12:00、全州市理科タレント小学生20名参加

<国内研修会等>

1)23年9月11日:インドネシア学生協会・北陸支部年次大会で物理教育について講演

「Physics experiment using easily available tools and materials」

13:00〜14:30、北陸地区留学生等20名参加

2)23年9月28日:仁愛女子高校にて「目で見る光の科学」の出前授業開催  1

   3:00〜12:00、高校生38名参加

3)23年11月12日(土)午後〜13日(日)午前・午後

 福祉協議会60周年イベントでパネル展示および演示実験実施

4)24年1月15日:ふくい科学学園主催写真コンテスト「写真でとらえる身近な科学現象」の写真応募を締め切る  

  (福井県福祉協議会助成金事業、20万円)

  2月10日(金)、11日(土)、12日(日)、アオッサ5階ギャラリーで写真    展示

  (11日午後1時半より、表彰式・懇親会を開催)

5)24年3月24日(土): 高校生グループコンテスト「摩擦のない実験装置を使った演示実験」の説明会を開催

(三谷市民文化振興財団助成金、30万円)

9:30〜12:00 (高校生他、20名が参加)

4.新聞・テレビ等で報道

1.4月19日:ふくい市民活動基金助成金成果発表会の記事(県民福井、福井新聞)

2.7月21日:野外の実験教室の記事 (福井新聞、奥越版)

3.12月13日:写真コンテスト開催の告知記事(福井新聞)

4.2月11日:「神秘の科学現象1枚に」写真コンテストの作品評価記事(福井新聞)

5.2月11日:NHKテレビニュース、福井地方ニュースで写真コンテストを紹介

6.2月11日:福井テレビの地方ニュースで写真コンテストを紹介

7.2月25日: 写真コンテスト入賞作品の写真を掲載 (月刊ウララ3月号)

8.3月11日:公開発表会で児童が実験を披露している記事 (県民福井)

5.正会員数

32名

6.実験教参加登録児童(アオッサ教室)

  現在30名 (3年:1名、4年:15名、5年:8名、6年:6名)

 (注意:23年度、福島事故避難者家族の児童1名を無料で実験教室に参加させた)