ふくい科学学園 NPO法人 Fukui Science Education Academy

事業報告

平成30年度事業報告

平成29年度事業報告

平成28年度事業報告

平成27年度事業報告

平成26年度事業報告

平成25年度事業報告

平成24年度事業報告

平成23年度事業報告

平成22年度事業報告

平成21年度事業報

コンテスト

 写真コンテスト

 高校生グループコンテスト

講演会

 H24.11.10講演会

 H25.11.16 講演会

写真教室

今までに受けた助成金

今までに掲載された新聞記事等


事業報告

平成30年度事業報告
 (H30/4/1〜H31・3・31)

 <実験教室等>

1)三谷市民文化活動助成事業(27.3万円:第1回、第2回は29年度実施)
「雪の顕微鏡観察法指導員養成と普及」の第3回(「手作り顕微鏡製作」)を実施(開催日時:平成30年6月  21日、午後1時〜4時) 開催場所:アオッサ7階706室): 参加人数 8名 写真で説明
・事業実施報告書冊子(全40ページ)を作成: 協力機関等に配布 (総会では回覧)

2)子どもゆめ基金助成事業 (29万円)
「グリフィス記念館で体験型科学実験」(内容:水滴レンズ顕微鏡製作・観察、ダイヤモンドダスト、人工雪)
開催場所:福井市グリフィス記念館  開催日:平成30年11月17日(土)・18日(日)(午前10時〜   午後5時) 写真で説明、(児童用テキスト回覧)
参加者:17日:子ども24人、大人48人、スタッフ9人、協力者2人、ボランティア2人(合計:85人)
18日:子ども27人、大人39人、スタッフ9人、協力者2人、ボランティア6人(後片付け)
    18日合計:83人(同日、エンゼルランドで“科学の祭典”あり)

3)‘18福井県民文化祭で展示(参加費:5000円のみ、他予算使用無し)
「摩擦の無い装置でゲーム」、開催場所:アオッサ1階ロビー 開催日:平成30年8月4日・5日
 写真で説明、ふくい科学学園のブースに約100人が参加

4)安芸高田市高宮町の文化祭で展示(予算使用無し)
「雪の顕微鏡写真」、開催場所:安芸高田市高宮町 高宮田園パラッチョ、開催日:平成31年3月10日〜17日、約60人が参加、写真で説明

<海外教育支援>

1)インドネシア物理学会のセミナーで講演 (予算使用無し)
 「Physics Education for Young Generation」(特に“微小ビーズを用いるまさつの無い装置と応用”)
開催場所:インドネシア、ジャカルタ教育大学、開催日時:平成30年7月14日、(NTT事業の動画の一部を使用)写真で説明、(ふくい科学学園のホームページに使用したスライドを掲載)

2)インドネシア シャクアラ大学で講演(予算使用無し)
Review on Spectrochemical Analysis using Laser-Induced Plasma at Low Pressure and TEA CO2
Laser-Induced Metal- Assisted Gas Plasma at 1atm.(“レーザープラズマ分光分析に関して”)
開催場所:インドネシア、アチェ州、シャクアラ大学理学部 開催日時:平成30年10月4日午前中
(ふくい科学学園のホームページに使用したスライドを掲載)

<教材開発>

1)自然雪を色づけて顕微鏡観察する方法の開発
ふくい科学学園のホームページに「色づいた雪の結晶」の記事を掲載、 pdfで説明

<新聞掲載>

・30年 6月22日 「顕微鏡手作り指導」 県民福井
・30年11月18日 「水滴レンズで観察」 県民福井 

<会員数>
30名

23日